ライブチャットを出会い系か何かだと思っている人

チャットレディとスマホのアドレスを交換しようとするお客

ライブチャットサイトでチャットレディをやっていたりすると、リピートしてくれている男性ユーザーの人が、メールアドレスなどを聞いてきたりします。

パソコンのメールアドレスとかではなく、ラインのIDを教えてくれとか、携帯のアドレスを教えてほしいとかです。

このページでは、私の経験談を載せています。出会い目的で連絡先を聞いてきた男性客のエピソードと断り方などを紹介していきたいと思います。

出会い系アプリと間違えて使っている人

チャットレディサイトには、女性とのチャットを楽しむことが目的ではない、出会い目的の男性がたくさんいます。

男女のマッチングサイトでもないのに、出会えると思っている男性ユーザーが必ずいます。

ライブチャットを男性と女性との出会いの場だと思っている男性というのは、思ったより多いのです。

以上のようなことから、テレビ電話がはじまってすぐとか、チャットサイト経由のメールに、直アド教えてくださいとか、ラインのID交換しましょうとか、出会いの誘いをしてきます。

ですが、これには裏があって、男性客が勝手に勘違いしてチャットサイトを出会いの場だと思っているわけではなく、紹介サイトが悪かったりもします。

そういうウェブサイトというのはアフィリエイトをやっていて、男性客を登録させればさせるほどお金がもらえるので、女性と出会える!なんて誇大に宣伝して登録を促しています。

そういった広告を見た男性は、このサイトを使えば女性と出会えるんだと勘違いしてしまいます。

以上のようなことから、チャットやメールですぐ会いたいですとか、今すぐ会えませんか、などといきなり聞いてきたりするのです。

他にも細かい要因があるかもしれませんが、こういった一部の悪質なアフィリエイトサイトのせいで、出会いを求めてライブチャットに登録してくる男性が後を絶ちません。

連絡先を聞いてくる男性

実際に私がライブチャットの男性ユーザーにラインやスマホのアドレスを聞かれた体験談をご紹介したいと思います。

ライブチャットでチャトレとして稼働したことがある人は、何度も経験したことがあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

つきあってほしいなどとのたまう男性

いきなり彼氏はいませんか?僕の彼氏になってくれませんか?などと唐突にいってくる男性客はかなりいます。

どんな男性がタイプですか?高身長ですか?高収入ですか?などとメールを送ってくる男性もいるので注意しましょう。

ライブチャットサイトのメールやチャットが始まって早々にこういうことを聞いてくる出会い目的の男性に遭遇したら、拒絶するのではなくて、適当に会話しながら、チャット時間を稼ぐのもありですね♪

ラインやってませんか?といきなり聞いてくる男性客

チャットレディと出会えると本気で勘違いしている男性ユーザーが、一番送りがちなメールやチャットというのは、ライン交換してください、というものです。

ラインやってませんか?といって、自分のラインIDを添付して送りつけてくる男性もいるくらいです。

ライブチャットでチャットレディにラインなどの連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、ポイントをあまり消費したくないという傾向を持っているので、メールで聞いてくることがほとんどです。

1通目にいきなりお誘いのメールを送って、だめなら別の女性にメールを片っ端から送って、教えてくれない女性にはそこから音信不通になるというパターンが非常に多いので注意しましょう。

いきなりお誘いのメールを送ってきて、音信不通になるような相手を、相手にしていたらきりがないですし、心がやんでくると思うので、気にせず他の男性とのチャットを楽しみながら稼いでいきましょう。

チャットレディをやっている女性とどうしても出会おうとするライブチャットのユーザーというのはあとをたちません。

私がチャットしていて、こういうラインを交換してくれだの、直アドを交換してくれだのといってくる男性がいたら、すぐ断っていますが、ベテランのチャットレディになると、どんどん会話を引き出していって、メールのやりとり回数を途切れさせずに何回も重ねることにより稼いでいる人もいるくらいです。

男性のあそこを見せてくる客

自分のペニスが自慢で、これを女性に見せさせすれば、必ずものにできると思っている男性は意外なほど多いです。

「俺のマグナムペニスを見てください!!」なんて、いきなり自分の股間の画像を送りつけてきたりする男性がいますが、女性からしたら、どん引き以外の言葉がありません。男性はほんとにアピール出来ると思っているのでしょうか。

巨大なチンコが女性を虜にすると本気で信じている男性がいるのも面白い話ですよね。

チャットレディは男性器を見せつけられたときでも、堂々と褒めちぎって、チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばしたりするのが、お仕事ですね。

会えることを確信しているかのような人

どういうセックスが好みですか?SMでいったらどっちですか?などと、あたかも会えるかのような質問をしてくる男性がいます。

こういった男性にも果敢に挑戦して、うまくチャット時間やメールの回数を稼いでいくのが、チャットレディとしてしぶとく生き残っていく方法だと思います。

こういった会いたがる下心満載の男性をうまく虜にして、チャットやメールをしてもらえれば、チャットレディとして何枚も上手になれますが、心理的にこういうことが苦手な人は、やる必要もなく、まっとうにチャットしてくれる男性だけを相手にしているのもいいと思います。とにかくコツコツ長続きする方法を採用しましょう!

下心モロだしの男性客

ポイントをケチりたいにもかかわらず、メールを送ってきて、エッチな行為をしたセルフ動画をくれなどという男性もいます。

たとえば、そういう要求をしてくる男性に、自撮りのアダルト動画を送ったとしても、満足して、テレビ電話を次からやってくれるかと思いきや、もっと要求してくるようになるので、最初から相手にしない方がいいと思います。

チャットレディの女性もただで男性を喜ばせるためにやっているわけではなく、れっきとしたビジネスでやっているのですから、ポイントを最初からケチろうなんて客は相手にしない方がいいのです。

セックスしたいですとかいってくる男性

チャットレディで出会おうとしている男性というのは、すべてのチャットレディに上から下までメールを送って、なんとしてでも出会おうとします。

なぜマッチングサイトでもないライブチャットで出会おうとしているのかそもそもがわかりませんが、チャットレディを出会い系サイトだと勘違いしているので、話がかみ合いません。

有名どころのマッチングアプリなどはいくらでもあるのに、そっちへいけばいいのに、という論理は通用しません。なぜなら、チャットレディのサイトが出会いを提供しているものだと完全に勘違いしているからです。

チャットレディがやってはいけないこと

ここからは、男性客に対して送ってはいけないメールや、いってはいけないチャットなどをご紹介していきたいと思います。

気軽な気持ちでやってしまうと、危険な目にあうこともあるので、初心者でもベテランでもやめておきましょう。

実際にリアルで会ってしまうこと

チャットを介したバーチャルな世界ではなく、物理世界であってしまったことがあるというチャットレディの話をブログなどでたまに目にしますが、これは危険な行為に該当すると思います。

その会ってしまう男性ユーザーというのはどういう意図を持っていて、どういう正確なのかもわかりませんし、何かを企んでいるかもしれませんから、そう考えると危険ですよね。

ライブチャットをしていると、いろいろな日常会話などや趣味の話などが弾んで、とても仲良くなってしまいやすいですが、実際に会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

キャリアメールやライン交換はしてはいけない

ライン交換をして、そこでやりとりをするのは正直男性ユーザーの思うつぼだと思います。男性側からしたら報酬を払わなくてもいいですし、ただで女性とやりとりをできるので、女性側からしたらメリットはなにひとつありません。

男性客にしつこく連絡先を聞かれて、面倒だからといって適当なメールを返したりしても、リピーターを失ってしまうだけなので、規約にあるからとかなんとかいってかわしましょう。

むやみに引き延ばさない

ラインIDの交換やアドレス交換などの直接の連絡先の交換はもちろんやめておいたほうがいいですが、こうやって、あたかも会えるかのように見せるのもよろしくないと思います。

こういう思わせぶりな態度で、チャット報酬を稼ぐテクニックを使っている女性は多いですが、こういう狡猾なのは精神的にもよくないでしょう。

最近チャットレディの間で、使われているテクニックとしては、会うことを引き延ばすテクニックに、コロナが終わったら会おうというものです。

ですが、こういった男性心理をつかったテクニックというのは、もとから会う気なんて毛頭ない訳なので、人間として心理的にどうかと思います。

男性も一人の人間ですし、そのチャットレディに恋心を抱いているかもしれません。そういう心を遊ぶというのはよくない行為といえるでしょう。

連絡先を聞いてくる男性客の回避方法とは

直接的なラインとかスマホのキャリアメールアドレスなどを聞いてくる男性客はどうやってことわったらいいのでしょうか。以下に紹介していますので、是非参考にしてみてください。

以下には、私がチャットレディをしていて連絡先を聞いてくる男性客に対して使っている回避策です。

スタッフから注意喚起されているといういいわけ

ライブチャットで男性の相手をして稼いでいる女性に、連絡先を聞いて会おうなんていう虫のいい男性には、嘘でもいいのでいいわけをつくっておけば当たり障りなくその場を納めることができます。

ライブチャットでチャットレディの女性と出会おうとしている男性も、お金を使ってポイントを購入しているので、脈なしだと思えばそれ以上連絡してこなくなります。

規約違反で禁止されてるからといういいわけ

すべてのライブチャットサイトは、連絡先の交換が規約違反に書いてあります。なので、これを伝えれば引き下がってくれるでしょう。

外部からの圧力で断ってる感を出す!

上記で紹介したような、直アドを聞いてくる男性客の断り方というのは、代理店やライブチャットそのものに禁止されているといういいわけをつくることができます。

チャトレをやっている女性が自分で断っていると言うことがばれなければ、男性客からも非難されることなく穏便に断ることができて、メリットが多いです。

アドレスやラインは教えないようにしましょう!

ライブチャットには勘違いして女性と出会えるものだと思って登録している男性客が少なくありませ念。そういった男性客からのアドレスの要望には応えないようにしましょう。

チャットレディをやっている女性も、はじめてテレビ電話なりメールなりチャットなりをしてくる男性には教えないかもしれませんが、なんどもリピートしてくれているリピーターには教えてしまう可能性もありますよね。

ですが、チャットレディとしてではなく、一個人として男性ユーザーといくらテレビ電話などをしたとしても、チャットサイトの報酬がもらえるわけではありませんのでもったいないと思います。

チャットレディをやっている人のブログなどを見てみると、リアルに男性客と会ったことがある記事をかいていることがありますが、すべての男性ユーザーが善良な市民とはわかりません。よこしまな思いを持っている男性だっていることでしょう。

ライブチャットというのはもともとアダルトな傾向があるわけですから、そういう男性客と会うというのは危険な行為と言わざるを得ません。

直接のアドレス交換をして実際にあったとして、個人的な住所や名前などがしれてしまったら、弱みを握られたことと同然です。

そもそもはチャトレという仕事は、その形態的にもプライバシーやプライベートが完全に守られた状態で仕事ができるのが魅力で働いている女性も多くいます。

他には、一人のそういった軽率な行為をする女性がいることにより、まじめにお仕事している他のチャットレディにも迷惑がかかることになります。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

男性ユーザーの中に、「チャットレディは連絡先を教えてくれるのが当然」だと思い込んでしまったお客さんが増えることにより、チャットレディはチャットがしにくくなります。

チャットレディをやるときは規約をしっかり守って、楽しく稼げるチャットレディ生活を送りましょう♪

ブロック機能を使う

直接やりとりの手段を教えるというのはラインであれ、スマホのキャリアアドレスであれ、教えることは出来ないといっているのにも関わらず何度もしつこくきいてくる男性客というのはブロック機能を使ってブロックしてしまいましょう!

チャットレディにポイントを消化して稼がせてくれるならわかりますが、連絡先をきいて、自分はポイントを消費しないでおこうなんて虫のいいことを考えている男性客は無視して奥に限ります。

女性側が、男性のメルアド教えてほしいなんて言う要望に応えてしまった日には、もう二度とチャットサイト経由ではメールを送ってこないでしょう。なぜなら無料で連絡が取れる手段を手に入れてしまったからです。

チャトレの女性の連絡先を手に入れた男性にはメリットしかありませんが、教えてしまった女性からしたら、チャットサイト外で連絡を取り合っても意味がありません。

ライブチャットの外でいくらやりとりしてもお金にならないので、チャトレ側からしたら損しかありません

チャットレディである女性が、男性と直接的なやりとりができるスマホアドレスやラインを交換してやりとりをするということは、その時間分の時給をみずから捨てているのと変わらない行為です。

そもそも、チャットサイトというのは男性ユーザーがいくらでもいるので、その男性が連絡先をきいてきたからといって、ブロックしても、いくらでも自分とチャットしたいといってくれる男性はいるので、ためらう必要もありません。

そもそもチャットレディサイトというのは出会いのサイトではありません。そういう勘違いをしてアドレスなどを聞いてくる不躾な男性客はさっさとブロックして、お金をたくさん落としてくれる大切な男性ユーザーを相手にするべきです!

↑ PAGE TOP